ぺっしゅ

雑記ブログ。

試験期間中に精神を安定させる方法

こんにちは、ぺっしゅです。

高校でも大学でもテスト期間は憂鬱。
試験期間にしんどくなって泣きながら母親に電話することもありました 笑

しかし最近はいろいろとコツを習得して試験期間をむしろ楽しめるくらいになってきました。
そんな私の精神を安定させるコツを教えます!

まず、基本は睡眠

まず、とにかく寝ましょう。
全ての基本は身体が健康であることです。
身体が健康でないと、ココロも健康になりません。
寝不足になってしまうと幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが不足したり
他にも成長ホルモンが不足するなど様々な影響があります。
成長ホルモンは、身長を伸ばすだけではなく免疫力を高める作用もあるので体調も崩しにくくなります。

しっかりと睡眠をとるには?

でも、試験期間って何かと不安なことがあってなかなか寝付けないことが多いですよね。
気になることが出てくると
眠れなくなって参考書を遅くまでみて次の日起きれなかったり
布団に入ってもいろんなことが気になって寝付けなかったり……
私も試験期間でなくても考え事や悩み事があると気になりすぎて寝付けなくなることがよくありました。

ゆっくり湯船に入ろう

1日の疲れをとって血行をよくするために、しっかり湯船に浸かりましょう。
眠る前にしっかり体を温めて体温を上げていくと入眠がスムーズになります。
特に冬場は身体が冷えるのでしっかり温めましょう!
私は、よりぐっすり眠るために
副交感神経を優位にしてリラックスさせる効果のある
ラベンダーの香りのアロマオイルを3滴湯船に入れてお風呂に入っています。

マッサージをして疲れを取ろう

マッサージ、侮れない。
今までリンパマッサージとかストレッチって全然興味がなかったのですが
翌朝に疲れが残らない。素晴らしい。
造顔マッサージなるものも行なっているですが
翌朝の顔の軽さが違う。
眠るためにやっているというより
朝起きた時にすごく気持ちいいので結構続いてます。

寝る前にヨガや瞑想をしてみよう

あと私がやっているのは瞑想。
瞑想っていっても座禅を組むものではなく
寝たままする瞑想です。
頭のなかを空っぽにするといつの間にか寝落ちしていることも。

私はアプリをつかっています
寝たまんまヨガというアプリです。

余計なことを考えて寝つきが悪くなることがなくなりました。

まとめ

勉強はしなければならないけど、身体を壊してしまっては元も子もありません。
睡眠時間をしっかり取れば、本当に精神が安定してきます。

試験期間大変ですががんばりましょうっ!